原薬・医薬品輸送

繊細な医薬品輸送もお任せ下さい。

徹底した温度管理システムにより、幅広いニーズに合わせた低温輸送が可能です。
厳密な温度管理が必要な貨物はもちろん、常温帯での輸送にも対応いたします。
医薬品輸送も葛生運送にお気軽にご相談ください。

医薬品

空調車

空調車を使用することにより医薬品に最適な温度で輸送することができます。
葛生運送の空調車は、最大-27℃から33℃まで対応のエアーコンディショナーで
あらゆる温度ニーズにお応えできます。

医薬品

GDPへの取り組みについて

医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準を満たす輸送について

葛生運送では、原薬・医薬品の低温及び中温輸送を行っております。
一般の貨物とは違い、高い品質を求められるのが、原薬・医薬品輸送です。
近年、車両の仕様のみならず、取り扱うドライバーの教育や管理に至るまで色々なご要望を頂きます。
お客様によって違うご希望について、十分ヒアリングを行い、ご相談しながら確実で高品質な輸送ができるよう様々な取り組みを行っております。
また、日本でも近い将来始まるであろう適正流通基準※医薬品GDPへの適応や準拠ができるよう準備を行っております。
医薬品の流通に関わる全ての関係者の方々にご満足して頂ける品質サービスをご提供いたします。
原薬・医薬品の中低温輸送は葛生運送にお任せください!

医薬品
※医薬品GDPとは、Good Distribution Practice(医薬品の適正物流基準)の略で、医薬品の製造から顧客に届けられるまでの過程(サプライチェーン)の品質を確保することを目的とし、欧州では、その普及が進んでおり日本でも近い将来GDPの導入が本格化するものとみられます。